ねむの木学園マーク.jpg

​学校法人ねむの木学園 

理事長・学校長あいさつ

  この度、学校法人ねむの木学園の理事長及び特別支援学校ねむの木の学校長を務めさせていただくことになりました。

 本校は、設立者宮城まり子の「こどもたち一人ひとりの個性を尊重した多様性豊かな教育を実践したい。」という願いのもと、1979年に肢体不自由児療護施設ねむの木学園に併設されて開校しました。我が国初の私学の養護学校(特別支援学校)です。始業・就業を告げるチャイムのない無学年制の開かれた教育、美術・音楽・ダンス・茶道など芸術性豊かな教育を通してこどもたちの集中力を高める指導を実践してまいりました。ひとりひとりの個性や適性、能力、興味などに応じた教育に取り組み、「学びたい。」という熱意があればこどもにも大人にも常に門戸を開放し、学習の機会を提供しています。

 私たち教職員ひとりひとりは微力であり、到底まり子校長に及ぶものではございませんが、皆の力を結集することによって、その遺志を受け継ぎ、本校の教育方針を堅持して行きたいと思います。これからも皆様のご指導とご支援をいただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

​学校法人ねむの木学園

   理事長・学校長